雑記 偏愛アイテムとネコ

【自転車】ロードバイクやめてみました。

更新日:

今回約8年くらい続けてきたロードバイクをやめることにしました。

自分の唯一の夢中になれる趣味と思い、突っ走ってきましたが、この度ロードバイク自体は売却し、備品等も処分・妹の旦那に譲る・通勤用の小径車に転用に分け整理整頓しました。

私なりの辞める理由

一時期のロードバイクブームもあり、さまざまなメディアでロードバイクの姿を見るようになりました。始める人もいればやめる人も多し。どの趣味にも共通のことですが、私自身のやめるきっかけは、
①子供が生まれ乗る時間が激減した
②泌尿器科の先生にやめたほうがいいと言われた
この2点です。

①については、既に子供は4歳になっていますが、まさか乳幼児をつれてロードバイクの練習に行けるわけはなく、子供の自転車は現在ストライダーなので、一緒にサイクリングにも行けるわけではありません。隙間の時間に練習に行くことや、朝練夜練のサイクルも作れず、申し込んだイベントも子供が体調を崩している時はすべてキャンセルして、できる限り子供といる時間を作ってきました。心の強い?人は、嫁に子供を任せて自由に自分の趣味を謳歌しているところかもしれませんが、自分には嫁子供をおいて、自分だけ趣味を楽しむことが気持ちの上ではできませんでした。

②は、40歳になったあたりから、前立腺が痛むことが増えました(1年に1回程度発症し、その都度検査)。結果はいつも問題なく、また癌のようなこともなく、数日すれば痛みは和らいでくるのですが、30代のころの自分にはなかった症状なので加齢を痛感しています。新しく近所にできた泌尿器科の若い先生に今回かかったのですが、ロードバイクの話をしたら、「やめたほうがいいよ・・」と優しく言われました。そっか、①の件もあるしそろそろ潮時かな・・とこの時点できっぱり諦めがつきました。

その他に私は、ショップやチーム等の仲間がいないこと、冬は全く乗らないこと(実質稼働時期は4月月~10月)、他に趣味があること、などやめることに対してブレーキをかける要素が少なかったほうかもしれません。

新しいパーツやイベントの物色、アニメや漫画で思いをはせていたあの頃の自分からは想像できませんが、ゆっくりと熱が冷めていくのがわかりました。ただ日常生活や仕事では自転車に乗りますので、いままで培ってきたことは無駄にはしたくはないですね。整備も自分でできるし。子供が自転車に乗れるようになったら自分も小径車で一緒に走りたいと夢見ています。

何か自分の大事なものを一つ諦めると、今までそれが自分の動きや考えを鈍らせていたことがよくわかります。今解放感でいっぱいです。そして他の趣味や仕事、そして家族に時間が使えるとなるとこれはこれでよかったのかと思います。生活スタイルを変えるきっかけや新しい自分になるスタートには大事なものを一つ諦めることもありなんだなー、と気づいた40代でした。

実際にロードバイクを売却してみた

さて湿っぽい話になりましたが、実際にロードバイクをやめる際に、いくらで売却したのか?という実務的な話ですが、私は同じくロードバイクをやめた方のブログを物色して、買取はバイチャリに査定をお願いしました。
メールでメーカー名等を入力・送信し、まつこと30分。すぐに返事がきました。が、コンポやホイールの具体的なメーカー等を知りたいとのことでした。そりゃそうだな、と思い、パーツの内容をすべて記入し返信したところ、その査定額は!?

・RIDLEY ORION 前後ホイール無し 査定目安金額 35.000円

・SHAMAL ULTRA 2Way-fit 前後ホイールセット査定目安金額 30.000円

でした。私、15万円くらいで売れないかな?なんて思ってましたが、さすがに8年モノのエントリーモデルでは値がつくだけましなのかな?という内容です。コンポもシマノ105とアルテグラが混在し、他のパーツも決して胸を張れるようなグレードのものでもありません。ホイールくらいしか自慢のものがない状態でした。
IMG_2700
↑私の愛したリドレーちゃん・・

ただ私に迷いはなく、本査定を申し込み、出張買取でお願いしてみたところ、週末の夕方に時間を合わせてくれて自宅まで来ていただきました。

来て頂いたスタッフさんは1名。感じの良いスタッフさんでした。細かい部分のキズや作動も合わせてパーツの確認も手早くしていました。ものの5分です。割と状態がよかったので査定が5千円UPしました☆またスタンドや輪行袋、もろもろの細かいパーツまでひっくるめて買い取ってもらいました。
本体+ホイール=70,000円
備品等=7,000円
合計=77,000円

備品はどこまで買い取ってもらえるかわからず用意があまり出来ていなかったので、少額でしたが、大きなスタンド等を持って行ってもらえて助かりました。時間にして30分程度でしたが、気持ちの整理がつきました。基本は免許証の確認とサインのみで終わりです。私は防犯登録の控えがあったので特別問題ありませんでしたが、自己所有の証明が出来ない場合は事前に先方に確認しておいたほうが良いかもしれません。ロードバイクのなくなった部屋はかなり広く感じます。この部屋でまた生まれた子供と新しい趣味の世界を広げていきたいと思います。

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住*

-雑記, 偏愛アイテムとネコ

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.