偏愛アイテム 偏愛アイテムとネコ

【革モノ】”天神ワークス”の革ベスト「クラフツマンベスト CV02」のススメ (購入編その1)

更新日:

ジーンズを購入し、ここ最近エイジングという響きに敏感になっている。いいモノを長く愛でる、腕時計にも通じる、なんと素晴らしいことか。そしてパッと思いついたもが革ジャンだ。革の小物はちょいちょい買っていたが、エイジングに関しては少しかじった程度だった。

さて革ジャンはどうだろう?20代はヴィジュアル系なツラだった私も革ジャンなんてとても着れなかった(高額で)。そして合皮の革ジャンのなんだかみすぼらしさと言ったら・・と全く無縁の状態だった。そんな私もアラフィフになり、バイクにも乗るわけではないが、そろそろ革モノが似合う歳になったのではなかろうか?、と自分の買い物を正当化する(^^)

まずは情報収集!革ジャンの教科書ゲット!

隅々まで読んだ。久しぶりに腕時計以外のこういう雑誌を読んだ。どれもこれも気になる。価格帯は1着10~25万円だ。・・・そうそう手を出すわけにはいかない。そのほかネットやブログも調べた。その時に少し疑問が浮かんだ。

・毎日スーツなのに革ジャンなんて着る機会はどれほどあるの?

・夏どうすんの?

もっともな疑問だ。革ジャン+スーツを着て通勤なんてちょっとハードルが高い。コートであればOKと思うが、夏は着れない。なんだか高いお金だしても着れる機会が少ないんじゃタンスの肥やしが増えて断捨離的にも意味ないじゃん!

・・・萎えた・・・

ん、まてよ。ベストはどう?冬はインナーとしてもOKだし、春秋はYシャツの上に羽織って通勤もできるし(私はチャリ通)、仕事ではスーツのベストとしてもし着れれば毎日着ることができるぞ(夏は職場でエアコンがきいてて私はいつもカーディガンなどで寒さ対策をしているタイプ)。

そうだベストだ!バイク乗りが着るタイプでなくて職人のワークスタイルなんてベストがあれば毎日着れるんじゃないか!

早速チェック!ああこれだ!

「天神ワークス CV02」

思っていたのとドンピシャだ。もう購買意欲はいきなりMAXである。そこそこ業界では有名だと思うがまだ20年弱のブランドのようだ。エイジングに重きを置いておりブランドの立ち位置も明確だ。

とりあえず試着だ。店舗は北千住。そう遠くはない!

いざ北千住のショップへ!

しかし待っていたのは私のような小心者に立ちはだかる壁、そう、オシャレと無縁な私がチョー入りずらいカッコイイ門構え(拾い画像ですが・・・)。

高級腕時計ブティックとは違ったこの感じ。バイク乗りの人達がヤニふかしてガン飛ばしてくるんじゃなかろうか、ビビりつつ店の前を数往復。もう私が不審者だ。ちょいまて入口の扉はどう開けるんだ?重厚な扉がある、まさかブティックみたいにドアマンがいるわけないと思うし。もはや意気消沈だ。そしてお客が一人でてきた。あ、押す引くタイプの扉だ!私のレベルがあがった。そしてそのお客は近くの駐車場に止めてあった車に乗り込み帰路へついたと思われるが、その車ががっつりのアメ車だったので、さらにビビった。全くアメリカンの微塵も感じさせない初老のリーマンの私はますます恐縮した。しかし私は生まれ変わったのだ。A.P.C.のジーンズも手に入れ、さらに腕時計以外のこだわりのモノを身に着け、子供にもカッコいいと言ってもらえる父となるのだ!という強い思いが、扉を開けさせた。この間のうろうろ時間20分ほど・・やはり不審者だ。

店内はそう広くないが革ジャンが大量に展示されている。すぐに手前にある革ジャンを見るふりをする。困った。スタッフさんが立っているわけでもないし、奥で作業しているし声かけづらい。既に汗だくだ。しかし一陣の光が差した。

スタッフ「お探しのものありましたら合わせられますので。」

おお、なんか気さくな感じで声かけられた。態度も優しそうなお兄ちゃん、という感じのスタッフさん。

ここぞとばかりに私はベストの話をする。約30分ちょいだったろうか?スタッフのお兄さんは親身に何着も着せてくれ、アドバイスをしてくれた。非常に満足感の高い訪問だった。門構えでビビっていた私だったが担当してくれたスタッフさんが非常に気さくでいい意味でブランドイメージと違った。

この日は再考する形で店をでた。問題は10万円を超える・・・高額だ・・・しかし心は決まっていた。注文しよう!

1週間後再訪。もう入店にビビらない。私は成長した。私は帰ってきたーとばかりに再訪。そうしたらスタッフのお兄さんが覚えていてくれた。早速声をかけてくれ、ベストに決めた旨を伝える。そこからは注文・支払と早かった。

↑・・・112,200円なり。ついにこの領域へ・・・

ちなみに注文したものは「クラフツマンベストCV2、色はタン」。エイジングを楽しめる一番わかりやすい色、タン。ここまでは問題なし。サイズは40を選んだ。感覚でいうとLサイズ。私は38(M)サイズがピッタリなのだが、アドバイスを元に40サイズを選択した。このサイズ選びが非常に重要で、私にとって今までの考えを改めなければいけないきっかけになった(ちなみに私は173㎝、65㎏です)。

そして予定より早く約1ヶ月ちょいで完成!早い!(タン色であれば割と早いらしい)「もうできたんですか?!」と聞き返したくらいだ。早速お店へGO!出来上がったベストはきれいなタンの白めの色。試着し問題なし。早速受け取って帰宅。


↑うえーい(^^♪


↑写真で見るよりもっと白い。変化が楽しみだ。


↑バックはブラウン。


↑サイズは40(L)。


↑ワックスとブラシもゲット。

しかし時期は夏の兆しを感じる頃(受取時)。私はしばらく通勤時にYシャツの上にベストを着て、その上にワークマンで購入した作業着ジャケットきて通勤という荒業で過ごした(チャリ通)。そして時期が暑くなるにつれ、流石に通勤でも着るのが無理になり、自宅でTシャツの上に着ることにした。ベストだから身動きも楽だし、毎日いつでも着れて嬉しいという気持ちでいっぱいだった!(^^)!

まさか!サイズに違和感あり!

それから少し経ち夏の暑さがやや増してきたころ、あれ?なんか(このベスト)デカくね?と違和感を感じたのであった。

そりゃそうだ。通常38(M)サイズが丁度良い私がLサイズ着ればぞうなる。しかし試着時は違和感は少なかった。冬の終わり頃に注文とはいえまだ肌寒かった。今まで着込んでいたのに、それが夏場のTシャツ1枚の上に着ればベスト自体大きく感じるのは当たり前だ。いろいろ調べたが、決してこのサイズ感が間違いではなく、着用するシーンをどれにするかでサイズ感を決めていくスタイルでないと革ジャンの着こなし自体が難しく、オールマイティーに着回しで着れるわけではないことがわかった。もしジャストサイズで購入したら冬にパーカーの上に羽織るのは難しいサイズ感だったかもしれないし、ネットでも見たが、サイズごとに着用スタイルをほぼ限定して選んでいる人・シーンが多い。私はそういう選び方をしたことがなかったから、洋服はMサイズがベストでという考えしかなかった(おっさん病)。

仕事でYシャツの上にベストとして着用を考えていたが、40サイズでは大きい。よく見るスーツスタイルのタイトな着こなしのベスト着用とはえらい違いだ。悩んだ。しかし、すぐ出た答えがこれだ「もう1着、サイズ違いを買うか・・」おいおい10万円以上するんだぞ( ゚Д゚)

つづく・・・

着用写真はおいおいUPしていきますー!(^^)!ちなみに天神ワークスさんはHPよりインスタが充実してますのでご興味ある方はそちらをチェックしてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/革モノ/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-偏愛アイテム, 偏愛アイテムとネコ
-,

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.