腕時計で語る 腕時計のイベント&雑記

【腕時計の買い方】高級腕時計の適正所有本数って何本だ?

更新日:

様々なブログで語られる永遠の課題、それは適正本数の話題。

結論は出ている!「人それぞれ」だ!

そう言ってしまうと身もふたもないので私自身で考えてみた。もしかしたら同じ境遇な方もいらっしゃるだろう。

本心は「最高で最良の1本を持っていればいい!」

そうです。本当はサイコーのヤツ1本でいいんじゃないか、と思うんです。でもできず本数が増えたり減ったり。私は趣味の一環として腕時計しているところがありますが、多くの人にとっては高級腕時計は1本で一生モノの人がほとんどではなかろうか。

自分の中で最高最良の1本ってなんだろう?

実は数が増えて愛着がそれぞれ湧いてきたことにより最高最良と言われると迷いがある。それでも敢えて上げるとしたら、

「ロレックス サブマリーナ―ノンデイト」

であろうか。なぜなら単純に一番付き合いが長いからだ。25歳ごろに出会い、思い出がたくさん詰まったヤツはやはり強い。そしてかつブランド力や資産性、堅牢さなど全てがベストバランスだ。ある時点まではこれ1本だった私だが年齢を重ねるにつれ、もしくは仕事が変わるにつれ、立場や仕事内容に適したモノへの渇望も湧いてくる。その変化に飲み込まれ、もともと好きだった腕時計の沼にはまり始めました。
ロレックスサブマリーナ

CHECK
【レビュー】ロレックス「サブマリーナノンデイト14060M」 私の初めての高級腕時計。

私が所有する唯一のロレックス「サブマリーナノンデイト」のご紹介です。 王者の風格が漂う ↑ビジネスにもプライベートにも。20代~30代の方が仕事で着用すると非常にアクティブな印象を与えると思います。 ...

続きを見る

そして歳をとり、ダイバーズを仕事で着けると派手さが出てきた気がしたこと。そして日付を確認できる重要性が高い仕事に就いたこと。以上により小ぶりかつシンプルなデイト表示付きを求めるようになって出会ったのが「IWC インヂュニア500,000A/m」だ。
インヂュニア 500000A/m

CHECK
【レビュー】IWC「インヂュニア 500,000A/m」ポストヴィンテージの耐磁性最強個体。

この2年ほどほぼ毎日お供をしてもらった私とのシンクロ率200%を超えるであろう時計を記事にしたいと思う。 タイトルの通り、 IWCの「インヂュニア」である。 しかも「500,000A/m」である。 そ ...

続きを見る

この2つで明らかに「仕事用=IWCインヂュニア」「休日用=ロレックスサブマリーナ」のスタイルが私の中で確立していた。かなり満足していたことを覚えている。

仕事用と休日用、あとは・・

考えると、仕事用に1本はあったほうが良い。20代ならまだしも40代になるとそれなりの腕時計はしておいた方がよい。周りもそれなりの人に合うことがあるからだ。

となると、休日用に1本は派手なのが欲しい気がする。仕事用はあくまで仕事用だからだ。ただ休日はGショックやアップルウオッチでもいいと思う。

じゃあ2本あれば問題ないのでは?確かにそうだ。仕事用と休日用。ONとOFF。事足ります。

しかし言わせてくれ。もう1本あってもいいんじゃないか?腕時計がある程度好きならば、ONとOFF用以外に「アガる腕時計」が欲しい!

アガる腕時計とは?!

要は自分より半歩・一歩先を行っている腕時計だ。自分の年齢や立場、仕事や収入を考えて少し背伸びをしないと着けられないようなヤツを1本持ちたい。文字通りにその腕時計を着けると自分自身の気持ちが「アガる」ヤツだ。

仕事用は仕事モードになるし、休日用はリラックスモードになる。しかしそのどちらにも着けられるけど着けるのをちょっと躊躇う、けど着けたいと思わせる腕時計を1本持ちたい!ただただ気分を上げるためだ。そしていつかその腕時計を何気なく漬けられる立場や年齢になれるようにお守りとしての意味も含め、まさしく現時点での家宝だ。

そんなヤツがあってもいいんじゃないか?

「ロレックス ヨットマスターダークロジウム」
ロレックス ヨットマスター

CHECK
ロレックス ヨットマスター
【レビュー】ロレックス「ヨットマスター116622(ブルー)」の文字盤を交換しました(ダークロジウムへ)

青い針に私も結局心を引かれ、「ダークロジウム文字盤」へ性転換?してしまいました。 というか単純に文字盤+針の交換ができるとは思ってもみませんでした(まあ、よく考えれば技術的に可能ですし・・)。 ブルー ...

続きを見る

今自分が所有している中では、新品で購入し、購入金額が一番高い、そしてアガる腕時計がヤツだ。ツイッターや口コミの評判では高い評価はあるが突出した人気まで出ているわけではない腕時計だが、出会って一括で購入した際は震えた。残念ながら仕事で着用したのは1回キリだ。あとはプライベートで旅行などのやや特別な時に着けている。息子の入学式にも着けた。子供とともに自分が少し大きくなった感じがしたし、根拠のない自信も湧いてくる!(^^)!腕時計だけでなく、車や洋服やバッグなんかもそうだろう。不思議だ。

腕時計3本のススメ!

私自身としての結論だ笑。6本所有中だがいずれ3本くらいにまとめたい気持ちはすごくある。

それなりの立場や年齢になり、周りの視線も気にしだし、かつ休日の趣味の変化などを考えて、(沼にはまって)軒並みに本数が増えてきた。しかし悩みは本数が増えると好きで買った腕時計を着けられない。つまり本数が多いと着ける回数が減るのだ(当たり前だが)。せっかくだからどんな限定品だろうがなんだろうが買ったら着けたい。だから本数が多くあると眺めると爽快だが、着ける回数が減るので萎える=売却したくなるのが悩みになる。そんな人はいないだろうか??

今は最良最高の1本を求めているけど、所有する6本は気に入っている。いずれどれかを手放すことがあり、新しく迎えるヤツもあるだろう。あの世には連れていけないが、息子には引き継げるロマンもある。しばらくは数本所持を突き進むであろう。さて皆さんは何本が結論でしょうか??

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住*

-腕時計で語る, 腕時計のイベント&雑記

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.