腕時計で投資 腕時計で語る

【腕時計で投資】腕時計を売却してみた(オメガ、ジャガールクルト)

更新日:

腕時計は必ず最後には何も残らない・・

そんなつもりはないのだが、必ず訪れるであろう売却の時。買い替えや資金調達など理由は様々だが、腕時計はお金に換金できる強みがある。それが買った時より値上がりしたいたなんて聞けばサイコーだ。しかし多くの腕時計は新品の半額以下の相場で買い取られていく・・・

今回は「投資」としては失敗。「売却」としても??な結果。その代わり自分のコレクションが断捨離できたことによるストレス解消が一番だった。

そもそも数が増えれば装着する機会が減る。

それを深く考えず、例えば車なら、仕事にはワゴン、旅行には1BOX、子どもの送迎には軽、見栄をはりたいから外車、など用途によって購入したはいいが、実際に使っているのはワゴンだけだったりするケースにはまりました。もちろん所持していきたいが、今後の維持や使用機会が減ることを考えると、売却をしたほうがいいのでは、という結論に至りました。

今回は「オメガ」「ジャガールクルト」の2本

・オメガ スピードマスタープロフェッショナル3570.50
オメガ スピードマスタープロフェッショナル3570.50

・ジャガールクルト レベルソクラシック
ジャガールクルト レベルソクラシック

ともに中古で購入。ルクルトは1年、オメガは半年程度の所持期間でした。

オメガは定番中の定番で満足していましたが、定番すぎることとどうしても20代くらいの若いイメージとロレックスの下位互換のような過去の忌々しい私の勝手な印象がぬぐい切れなかったこと。そしてガシガシ使える腕時計のため、使用頻度が増える=他の腕時計の出番が減るという事態になり、気持ちと行動が一致しない変な状況になり混乱のすえの売却です。勝手なネガティブ印象を書きましたが、スピマス自体はかっこいいと思いますし、頑丈で普段使いにも問題なし、認知度高いなどいいことのほうが多いと思います。1点あげればデイト表記がないところが私の使用用途に合いませんでした。なのでモノとしては私は好印象なのは間違いないです。つけている私を私が嫌いなだけでした。

CHECK
【購入日記】オメガ「スピードマスタープロフェッショナル3570.50」 定番が欲しい!3570と3590で悩む。

2019年腕時計の第二弾はこれだ! だん!! いやまて?あれ?!この間シチズンを第一弾といって記事にしていたはずだ。しかし、今年の私の腕時計に対する衝動は昨年にもまして激しいかもしれない。。 発端1  ...

続きを見る

ルクルトのレベルソは非常に美しい腕時計です。手巻きの巻き上げ感触も好きでした。なにせ購入時から気になっていたのが、サイズ。クラシックは幅23㎜と本当に小ささを感じます。グランドサイズを購入したらよくわかる。薄くてスーツにはサイコーなのですが、いかんせんサイズが最後まで気になりました。またデイト表記がないので私の使用用途には合いませんでした。ただミディアムサイズのレベルソがあれば今後購入を検討してもよいくらいモノとしては好きです。

CHECK
【レビュー】ジャガールクルト「レベルソクラシック」これぞルクルト。最も美しいフォルム。

その出会いは突然だった。 2018年2月にIWCの2年ローンを無事終え、温かい日に向けて、ロードバイクの準備と行きたいところだったが、泌尿器の違和感から医者に「ロードバイクやめたほうがよい令」が発令。 ...

続きを見る

今回は銀座の某店にて査定

平日の休みにいきなり電話してみた。店舗に直接行くのではなく、その会社直営の買取サロンに連絡をとってみた。予約はその日のお昼(電話した時から1時間後)でも大丈夫だった。但し、事前にブランドやモデルを詳しく聞かれる。あまり用意してなかった私はあたふた。とりあえず持ってきてくださいとのことで、付属品をもって銀座へGo。付属品の箱がデカいんだよね・・


↑とあるビルのとある階に来店後、よくテレビで見るブランド買取ブースに案内される。

今回は若めのスタッフさんでした。商品と付属品を一通り見せたところ早速始まったのが、タイムグラフファーなるものでの検査だ。タイムグラファーなる機械を初めてみた私は少々ビビった。そんなこともするの?と思った。なんだか悪いところを探されているようで。買う時はこういう検査は安心材料だが、売る時は粗探しをしているようにしか見えないから不思議なモノだ。結果はルクルトの調子が微妙なようだ。査定に影響するだろう・・


タイムグラファー!ワンタッチで瞬間日差(歩度)を測定することが出来るタイムグラファーです。同時に腕時計の振動数、振り角、片振りまで数値に表してくれます。歩度のグラフ表示・日差表示・拘束角表示・振角表示・振動数表示・50種類以上の振動数に対応(コーアクシャル対応)しています。測定時間の切替機能・拘束角の変更・ビートをシグナルで表示・ビートをサウンドで表示(消音機能有)。

 

次に目ぼりはぼりヒアリングされる。どこでいつ買いました?いくらぐらいでした?とか。あまり言いたくない・・・言うと査定額に響く感じがして。だが言わないのも変だ。しどろもどろな部分もあったが割とキチンと正直に話しをしていた。性格だな・・

ちなみにオメガはこの店舗で買ったものだ。もちろん購入記録も残っていた。1年以内なら70%買取保証がある。しかしこの買取保証がくせ者だ。都合上、相場を考慮して70%と相場の高いほうで買い取らせてもらいます、とのうたい文句もあるのだが、そううまくはいかない。70%きっちりの査定額がでる。それはそれでよいのだが、あとで同じモデルが自分より高く買い取られているのを見るとうまく70%を利用されてしまったんじゃないかと疑ってしまう。

今回はロレックスでもパテでもからこちらが大きくでるような商談ではないことは重々承知している。和やかな雰囲気を壊さないように話をつなげた。

んで、買い取り額は????

・オメガ スピードマスタープロフェッショナル → 196,000円

・ジャガールクルト レベルソクラシック → 160,000円

もう少しなんとかならないか粘ってみたがダメでした。少々がっかりな結果だ。予想としてはオメガは22万、ルクルトは20万を見ていた。ルクルトも内部の調子がイマイチらしくそれに関わるメンテ分を考えると査定額が低くせざるを得ないようだった。

もう他店にいく体力もないくらい疲れたので(1時間はかかりました)、買い取りをお願いしました。

流れとしては、タイムグラファーでのチェックから始まり、外装の傷等の確認、付属品の確認、購入経緯の確認、その後裏に入ってなにやら検査?をしていたようだ(なんだか不明)。その後、査定額を伝え、了解を得たら、現金での受け渡しで終了。

疲れた・・それが感想。売却にこんなに神経を使うとは。今回は投資としてはもちろん負け。ただの衝動買いで約20万ほどマイナスになった。その金額でしばらくいい思いをさえてもらったと思えばいいちゃいい。しかし悔しかった。我が子の評価が低くなるのをヘラヘラしながら見守るしかなかった自分の力量に。そして意味があるか不明だが、買っちゃいました。


↑どん。タイムグラファー!もう少し腕時計に詳しくなって、次の我が子が旅たつときは、少しでも査定額を上げれるよう学ばなければ!

すっきりとして腕時計ケースになりました。ある意味今の精鋭チームです。腕時計たちよ、これからもよろしく。

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住/シンプリストな生活願望あり*

-腕時計で投資, 腕時計で語る

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.