腕時計で語る 次の腕時計&憧れの腕時計

【次に狙っている腕時計】2019年春編〜ブレゲ?IWC?それとも??

更新日:

腕時計の物欲が収まらないんです。

今仕事が忙しいので乗り切ったらのご褒美とかボーナスが近いので先行してご褒美とかいろいろ考えます。(ボーナスはゼロの時もあります。。)メインが中古狙いなのでその場で出たときに買わないと後悔します。かと言って早まってこれでいいや、で購入すると後でもっといいヤツが出たりして複雑な中古購入事情は誰もが経験するわけで、攻めあぐねているわけです。

しかし前向きに考えよう!欲しい腕時計を考えているとワクワクするじゃん。しかし私くらいの年収の方はどのように購入を決定しているのかなあ?ちなみに購入目安は50万円以内だ。

【本命】ブレゲ アエロナバル

昔から購入意欲をそそられてきたクロノグラフ。鏡面仕上げでキラキラしているステンレスベルトでなく革ベルトと合わせると最高にカッコイイ。ブレゲブランドの中では廉価版であるが、その端正な佇まいはいつ見ても惚れる。39mmというサイズ感もジャスト。正直仕事では目立ってしまうほうだが、冬に袖からチラリと見える分には嫌らしくないだろう。昔から買い時を逃しているが、最近中古で40万円前半から出てくるようになった。もちろん付属品はないが、状態が良ければこんなに安く買えるのか?と思い始めた。今がチャンスか?!

ビジネス☆☆☆
フォーマル☆☆☆
レジャー☆☆☆
レア度☆
私のほしい評価:86点

【対抗】IWC パイロットウオッチ(マークⅫ)

もうひとつIWC。大型化してきたパイロットウオッチだが、やはりこのルクルトベースのマークⅫが丁度よいサイズ(36mm)。プレミア感がでてきて中古で50万円を切ることはなかなかない。個体は少ないが決して出てこないわけではない。そしてやはり購入するなら11連ブレス付きが欲しい。サイズ感や視認性、シンプルなフェイスでビジネスにもばっちりだ。対抗として最新型のマーク18も検討したが、トリビュートモデルに惹かれつつもやはりサイズ感と所有欲を満たすのはマークⅫかな?!対抗といいつつ出会いによってが一気に本命になりかねない。

ビジネス☆☆☆☆
フォーマル☆☆
レジャー☆☆☆☆
レア度☆☆☆☆
私のほしい評価:78点

【穴】IWC GSTアクアタイマー

2000年ぐらいのGSTアクアタイマーがターゲット。もともとロレックスサブマリーナーとかぶる感があり眼中になかったのだが、この頃の無骨なIWCのデザインは古臭さの中にキラリと光る男らしさを感じる。当時の2000メートル防水はオーバースペック好きの私としては興味津々だ。価格もチタン、ステンレスともに35万円前後だ。リセールは落ちるが手を出しやすい。ただタマ数はそんなに多くなく出会いは貴重。その出会いによっては購入は先行するかも??

ビジネス☆☆
フォーマル☆
レジャー☆☆☆☆☆
レア度☆☆
私のほしい評価:70点

【大穴】ゼニス クロノマスター オープン

ゼニスのエルプリメロは大昔から気になっている。友人が「ロレックスのデイトナに使われているんだぜ~」と言っていたセリフが頭から離れず今に至る。なんだかすごいことは知っている。私レベルだとそんなもんだ。ただゼニスの並行差別やらラグジュアリー路線にいってしまった感が自分では感じられ、手を出すことはなかった。ともあれ、ゼニスの「レインボーフライバック」という個体に若かりし時憧れた。たまに個体をみるが30万円くらいだ。ただエルプリメロを堪能するならオープンフェース&シースルーバックかな?と安易に思い、クロノマスターオープンシリーズを候補にしてみた。仕事ではかなり派手になるのでちょっとつけれるか心配だ。よって穴扱い。

ビジネス☆☆☆
フォーマル☆☆
レジャー☆
レア度☆☆
私のほしい評価:60点

【超大穴】ブライトリング B-1

これはもう1個買っちゃおう的な勢いで買うかもしれない。クオーツである。アナデジモデルはかなり流行ったが、今はブライトリングやオメガによく見る程度で後はファッションブランドのみの扱いになったといってもいいと思う。しかし私が新卒くらいの若かりし頃はこのモデルもかっこいい憧れの型だ。ブライトリングだとナビタイマーが欲しいとずっと思っているが、いかんせん50万円くらいはするので躊躇してしまう。並行差別もあるし、なかなか手を出しにくい。しかしこのモデルは中古で15万円前後だ。オークションでよく見るが、割ときれいなものも多い。仕事では若い方は似合うと思うが、私はちょっと勇気がでない。しかし休みの日にはG-shockではなくこれをしていると一目置かれるお父さんだと思うよ。気になる。

ビジネス☆
フォーマル☆
レジャー☆☆☆☆☆
レア度☆☆
私のほしい評価:50点

そして脇からエグる忍び寄る本命候補

なんだかわからないが、アンティーク関連を候補に上げると一発逆転でありうる。ていうか好みのものが市場でてくるかどうかのタイミング次第だ。その中でチャレンジしたいのが、ロレックスだ。1940年代辺りのモノ、バブルバックなどだ。納得のいくものは100万円超えはざらだ。30〜50万円くらいで初心者の私にビビっとくるモノがくればの話だ。超逆転はあるかもしれない。

 

いかがだろうか?以上が現時点での私がほすぃー腕時計かつこの春の購入予想だ。割と現実的なモデルだと思う。しかしそれと同時にリセールがきつくなるものばかりだ。つまり資産価値としてはあまりプラスにはならないところが痛い。これらをこまごまと購入するのではなくて一気に憧れモデル(100万オーバー)を購入するという気持ちもある。そして今日も悩み続けネットを徘徊するのだ・・。

(ちなみに勝手な☆評価は5段階MAXです。点数は勝手な欲しい度なのであまり意味はありません・・)

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住*

-腕時計で語る, 次の腕時計&憧れの腕時計

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.