ライフハック 偏愛アイテムとネコ

【ライフハック】お酒をヤメるプロジェクト~睡眠良くなってきた編!

更新日:

お酒ヤメるプロジェクトをスタートさせて2ヶ月以上が経ちました。

もともとお酒大好きですが、もともと風邪をひいたりした際は1週間断酒しても割と平気だったりする体質です。そこまで断酒するのに苦労しないのでは?と自分も思っていたのですが、実はお酒を飲まないと睡眠できない悩みが長く続き、何度か挫折をしてきました。寝るために酒を飲む、というのが常態化しており、飲まないと布団の中で一睡もできない不安定な状態です。かなり翌日の仕事や遊びに影響するため、睡眠剤を処方してもらったのをきっかけに、お酒を断ってみようと思いました。また子供と過ごす時間を酒飲んでダラダラしたくないことと夜に勉強したり趣味をしたりして充実させたいとう願望もあり、断酒する決意をしました。

CHECK
【ライフハック】お酒をヤメるプロジェクト!

私、お酒は好きで割と何でもアリで飲んでいした。 過去にお酒で楽しかったことも失敗したことも多々あり。よく生きていたな・・・という思い出もちらほら。バカやれていた若い頃と違い、今は嗜む程度ですが、年齢を ...

続きを見る

断酒や禁酒で一番辛いのは初期の期間でしょう。習慣を変えるので非常にストレスになります。特に仕事から帰った時、特に大変だった時やイライラした時には自宅に帰るや否や缶ビールを開けたい気持ちにさいなまれます。

習慣化を目指し、耐えに耐え抜いたはじめの2週間!

私はプロテインドリンクや好きなコーヒーで気を紛らわせました。晩御飯まで耐えられれば、お腹がふくれるので飲酒への渇望湧いてきません。帰宅後、軽い運動(ローラーやスクワット)→食事→入浴後にプロテイン飲料で腹を再度満たす、のサイクルを行いました。寝る際に睡眠剤を飲み夜11時頃には布団に入ります。不思議なことに夜中の2時頃に目覚め、トイレに行く回数がなくなってきました。もちろん子供と過ごす時間や勉強や趣味の時間はわずかですが増えていき、少しづつメリットを享受できている感がありました。飲みたい場合はノンアルコールビールを何本か試しましたが、単なる炭酸飲料ですが、腹が満たされる点やのど越しを味わうには効果があると思います。しかしお酒の代わりになりませんでした。しばらくしてノンアルコール飲料もごくたまに買う程度になりました。コロナ禍で仲間で飲む機会も減り、家族で外食してもアルコール自体が提供していない状況なので、それも我がプロジェクトの追い風になったのかもしれません。なによりYoutubeやSNSで同じように断酒禁酒ネタで頑張っている方の動画等を見ることで自分だけじゃないと励まされ、続けることができていると思います。これホント大事で、孤独だと挫折します。SNSの人は宣言や進捗を公開することで、縛りを自分にしているんですね。これも非常に有効ですよね。これも嫁に宣言しても「飲みたきゃ飲めばいいんじゃない」という関心なしなので非常に不愉快です(笑)

アプリ「AutoSleep」を使ってみた!

私はiphone&AppleWatchユーザーですので、少し前から「AutoSleep」を利用するため、就寝時にAppleWatchを着け寝ています。最初は腕時計を着けて寝るのに違和感がありましたが慣れてくるもんです。就寝時間は11時前後で起床は6時30分頃です。概ね7時間前後の睡眠時間を確保しています。年のせいか長時間睡眠をとりにくくなってきました・・・

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥610
posted withアプリーチ

ある時のデータをサンプルとしてはっておきます。


↑一番データとして良かったと思われる日にちを選択しましたが、割と寝れているという実感があります(赤色ラインが寝ているサインです)。

このアプリは確かに睡眠状態の記録をとれるのですが、ざっくりという感じであまりあてにはできないと思います。夜にトイレに起きたなどはわかりやすいため、記録は明確に残りますが、その他はなんとなくという感が否めません。何度も布団で目覚めて寝れなくても寝たことになっていたりします。まあ金額も金額なのでしょうがないと思いますが(-_-;)しかしもちろんお酒だけでなく、飲み物を寝る前に多めに飲めば夜中に起きてしまうわけで、この辺りのさじ加減が難しい。

光目覚まし時計を試してみた!

ネットで好評だった太陽光に近い明るさで起きる目覚まし時計を試した。目覚ましの音が割と耳障りで不快なので(だから起きるのだが)、早速使ってみた。がしかし、明るくなると確かに目を覚ますのだが、結局布団をかぶせて再度寝るということが起こった。どちらかと言えばちょっとしたバイブの振動でも起きれるのでわざわざ起きる為だけに明るさを求めても私には必要なかった。思いっきりカーテン開ける方が立ち上がるし効果的と感じた。しかしアイディアは素晴らしいと思った。売れているわけだ。

横向き専用枕を変えてみた!

枕は、独身時代にオーダー枕(パイプ材使用)を長く使っていたが(当時1万ちょいくらい)、10年前に「テンピュール オリジナルネックピロー」に替えた。当時はその寝心地に満足していたが流石に10年経つとへたる。そして今年は睡眠改善の為、ネットにて「moonmoon横向き専用枕」を購入した。寝やすいと思うが、実際の正直効果はわからない。この枕でも眠れないことも多かった為、結局効果は見えなかった。横向きはいびき改善に効果的とのことだが、自分でいびきはわからないし、嫁に聞いても興味がないらしく効果は不明だ笑。ただ割と高さがあるので肩幅が広い私には向いていると思う。後はやや硬めにできているので沈み込むタイプが嫌いな人はいいかも。

私の愛用の布団の紹介!

独身時代より低反発布団に替えたことでフローリングに直敷きだった布団からすごく良さを実感できました。腰が悪く、すごく悩みだったが、当時の「トゥルースリーパー」を購入したことで劇的に改善した。その後結婚してからテンピュールのマットレスに替え(ベッドだったため)、子供が生まれた時点で畳を導入し、「テンピュールのフトン」にした。一時期マニフレックスに替えたが腰が沈んでしまい、痛みがあったので、このテンピュールに買い替えた(マニフレックスは嫁が使っている)。今は様々な高品質な機能性布団が出てきたが現状テンピュールの寝心地に満足している。腰痛持ちの人はぜひ試してほしい。あえて言うとサイズが小さめで、一般的な布団シーツだとガバガバに余ります。

 

途中から私の睡眠に纏わるグッズの紹介でしたが、お酒の断酒の効果を日に日に感じています。「6週間続けば習慣になる!」らしい?ので、さらに続けていきたいと思います!ただ私は旅行や実家では飲もうと思っているので、次のむ酒の味が楽しみです!(^^)!

また経過報告&寝具の紹介?をさせて頂きます!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/革モノ/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-ライフハック, 偏愛アイテムとネコ
-

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.