腕時計レビュー ショパール

【ブティック訪問】ショパールにて本気の腕時計探し(ぷち)。

投稿日:

とある休日に三越本店を訪問。ロレックスで用事を済ませたが、他のブランドで取り分け考えている腕時計が思いつかず帰路につく際に目に留まったブランド「ショパール」。どちらかというと私は宝飾系イメージを持っており、今回訪問のブティックも時計売り場から少し離れて宝飾系よりの立ち位置だ。うっかりしているとスルーしそうになる。何故ショパールか?というのは以前から気になるモデルがある。

それはアルパインイーグル!

アルパインイーグル>>現代的で端正、かつ個性的でスポーツシックな新作タイムピース「アルパイン イーグル」は、アルプスと威厳あるワシの力強さにインスピレーションを得たコレクションです。

初めて見た際にこの文字盤の感じが心奪われました。まさしく鷹の眼の虹彩!と言っても鷲の目を実際に見たことはありませんが、他の腕時計の文字盤とは明らかに一線をがします。吸い込まれる美しさがあります。とはいえ、中古市場にはまだほとんど出てこず、しばらくはツイッターでオーナーの方の写真を眺めておりました。

そして今回立ち寄った三越内のブティックですが、41㎜のグレーと青、36㎜の青、その他コンビと大盤振る舞いの揃っていました。

早速の第一印象だが、写真で見るより、文字盤の吸い込まれ感?が他のブランドと違う。なんだこれ?サイコー!とばかりに食い入るように見惚れました。スタッフさんも私の食い入り方が凄かったのか、即座に声をかけてくれました。好みのグレー文字盤を出してもらい、そのまま装着。


↑一番気になっていたことは41㎜径ということだ。そのサイズだと私の購入条件から外れる。40㎜以上は私の手首には大きくて避けたいからだ。しかしベゼルやブレスの感じからかなりスマートな印象だ。40㎜径のヨットマスターを着けていたが、それより小ぶりに見える。これは予想外だ。逆に36㎜径のモデルは完全に女性用のサイズだった。


ブレスも1コマ4時間以上かけ職人が磨き上げているとのことで、滑らかさと煌びやかさがすごいこのあたりはさすが宝飾ブランドだ。ケースの厚さも10㎜程度でシャツの袖にも収まり、防水性の100mで普段使いには全く問題ないレベルで総合的なクオリティーは高いと判断。

モノはある。価値をどうみるか?

なので早速購入・・といきたいがお値段は160万を超える。まてまて(-_-;)しかし個人的には200万を超えるステンレススポーツウオッチが台頭する中、この価格は良心的だろう。しかし数が少なくまだまだ人気があるわけではないので、中古市場の相場は現在で80~110万程度のようで資産価値としては弱い。気になるところと言えばそのくらいだ。あとグレー文字盤は青文字盤より視認性はよくない。なお商品としては意外に青文字盤が高齢の方に人気だそうだ。

スタッフさん曰く「ようやくスイスから商品が入ってくるようになりました」とのこと。コロナの影響で一時的に在庫がなくなっていたようだが、少しづつ回復しているようだ。店頭に在庫が無くても2週間~程度でスイスから入荷も現在可能のようでまだ買いやすいモデルと言えよう。

今回百貨店のブティックだったが、終始丁寧に接客して頂き、スタッフさんも知識は豊富のようだ。ひと時の幸せが感じ取りました(^^)写真だとうまく撮れなかったが、本当に文字盤は私の心に刺さりました。素晴らしい!しかしショパールというブランドを購入するには資産価値等も踏まえ、ブランドを理解することが大事だと悟った私は「検討します」とにこやかにその場をすり抜けた。単純に予算がないと思われないために・・・

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住*

-腕時計レビュー, ショパール

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.