腕時計の備品 腕時計で語る

【腕時計の備品】持ち運び用のウオッチケースを購入してみた!

更新日:

ウオッチケースと言えば、5本・10本用の箱型のヤツを想像するが、今回は「持ち運び用ケース」の考察となる。

ちなみに私が購入し使用するのだから、巷で人気のハイブランドの何万円もするケースなんてものは登場しない。ここ数年で何個か試してみたが、実際に使用し続けているモノを紹介しよう!なお呼び方は私が勝手に呼んでいる呼称だ。腕時計店で言っても通用しない場合があります(-_-;)

ドーナツ型タイプ

ドーナツ型と呼ばれているようで、私は貝殻型と勝手に読んでいたが、ネットで検索するとよく見る形の一つである。その価格たるや安いヤツだと1000円を切る!まあ貧弱な見た目には変わりないが、これが意外に守られる感がある。中にクッション材でぎゅうぎゅうにされていることはもちろん、形がこんもりしているのでわりと外からの衝撃に強かったりもする。よって無造作にカバンに突っ込むことが多い私はその点重宝している。ただ、大きさが野球ボールよりちょい大きいくらいあるのでコンパクトとはいいがたいがそこらへんのロール型と呼ばれる素晴らしい高価なケースに比べるとかなりコンパクトだ。割安で機能的な目的を達成するにはこのタイプをネット購入でも問題ないと思っている。

※ロール型(私は未購入。割と高い。と言っても3500円くらいからある)

ドーナツ型(クッションなしタイプ)

同じ形でジャックロードさんからもらったケースも同じ形だが、中のクッションがないタイプだ。その分さらに薄くなりコンパクトだ。アマゾンなんかにもいろいろでてくる。同じドーナツ型だが薄くサイズ感は非常にいいしカッコイイ。割と頑丈そうだが、中のクッションがないと持ち運び時に腕時計が暴れるのでマイナス点だ。まあ自作のクッションを入れればいいが。

封筒型

こちらもよくある封筒タイプのヤツだ。並行店でももちろん正規店で修理後についてくるヤツもこのタイプが多い。コストの問題もあると思うが、耐衝撃性を考えると用意に持ち歩けない。ペラペラなのでコンパクトだが、革だろうが布だろうが腕時計にかかる圧を避けられないと感じている。イマイチ良さがわからないので整理箱に眠っている。

ギターケース型

少し前にアマゾンでロレのオースター用メインとして購入した。ギターケース型なのでやや珍しいタイプかもしれない。封筒型に近いが厚さが若干あることとコンパクトさに目を引かれ購入した。しかしこれが失敗。モノの形や考え方は良いのだが、たまたま商品の革がくさい、品質が悪くシワやワレが起こる等さんざんだった。価格も2000円程度だが、1ヶ月もたたず捨てた。封筒型よりマシだがクッション性にもやや乏しいので注意が必要だ。※もう売っていないようだが、他社製品であればまた購入はしたいと思っている。

メガネケース型

今はわからないがRASINさんで腕時計購入の際にメガネケース型の縦長タイプをつけてくれた。クッションもあり耐衝撃性も申し分ないが、私にはやや大きかった。守られている安心感はあるのでお勧めの一つだろう。

結局行き着いたのはドーナツ型

話を戻すと、結局いろいろ試して最初のドーナツ型に戻ってしまった。多分一番無難な形なのだろう。カッコ悪いのだが、人に見せるわけでもないので自分では納得している。とはいえ、ショップに修理に持っていく際は使用するし、売却の相談の際にも使った。所詮このケースから出てくる腕時計はソコソコのものだとスタッフさんは気づいていると思うが、私はカバンの中でウオッチケースから腕時計を隠しながら取り出す技を使っているので未だにスタッフの方にはケースを見せたことがない・・・(*´Д`)   ホントハオタカイヤツモホシイノ・・・( ;∀;)

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/革モノ/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-腕時計の備品, 腕時計で語る
-

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.