腕時計で投資 腕時計で語る

【腕時計で投資】腕時計を売却してみた その3(ロレックス)

投稿日:

コンニチハ!yanponです!

さてさて今回は運命の?レベルソ購入時に生贄となったブツのことを話そう。もう答えはでているが、ソイツは「ロレックス」。過去記事から推察するとこいつが餌食になることはほぼほぼ時間の問題だった。

ソイツの名は「ロレックス オイスターデイト Ref:6694」!

1980年代と割と高年式で付属品もあり。手巻きのスタンダードとしては最後ではないだろうかロレックスの定番品。購入して2年たっていないが、この一年は全く使用はしなかった。たまに手巻きを巻き上げて状態をよく保つことは意識はしていた程度。

「ロレックス オイスターパーペチャルデイト Ref:1500」と被るのが手放す最大の要因!

6694を購入して3か月後に1500を購入。


↑文字盤やケース、装着感は腕時計好きから見れば別物だが、素人では全く見分けがつかない。ほぼ同じモノ(-_-;)

1500と6694両方ともだが、日付の早送りができない。そのため日付を気にする私の仕事では両方を使い分け、その都度手動で日付を合わせるのが億劫になった。40時間程度のリザーブ機能では交互に使用するとすぐ止まってしまう。使い勝手が悪くなり、かつ自動巻きの1500を数か月後に購入したことで全く出番がなくなってしまった。ちなみに1500は自分の生まれ年に製造ということが決め手だった。腕時計に意味を持たせたい自分なりのこだわりだった。それにしてもタイミングが悪かったと自省している。

6694は購入半年程度で出番がないため、2件ほどショップへ査定で持ち込んだが、20万円だったり、他の腕時計と合わせて22万円だったりで割と買いたたかれた(当時35万程度で購入)。ロレックスが高騰とはいえ、アンティークモデルではまだその時期は安定していた価格だったのでどこでも評価は同じく割安感は否めなかった。よってしばらく静観状態となり腕時計ケースで冬眠するはめになった。

しかし今回の「レベルソ ミディアムスモールセコンド」の中古価格は548,000円。一括支払いでもいけないわけではないが、コロナ禍で給料や賞与が期待できない中、この金額をだすのは私生活上死活問題だ。よって生贄(下取り)をだすしかない。そうなれば使ってなんぼのポリシーの私からすると必然的に6694が対象になる流れだ。しかし前回の査定の通り20万程度だと辛い。せめてレベルソの価格の半分は言ってほしい、と希望を持ち、もし半分行かなければあきらめようと自分で線をひいてのぞんだのだ。

価格査定から現金化まで緊張の瞬間!

レベルソ試着時に、購入を希望しているが下取りをお願いしたい旨を伝えた。

CHECK
【購入日記】ジャガールクルト「レベルソ・クラシック ミディアムスモールセコンド」 三度目の正直!?私にジャストサイズのレベルソ!

コンニチハ!yanponです! タイトル通りやってしまいました・・・昨年立ててた目標(今年の目標ではない)を達成でございますー!(^^)/イエーイ!とはいえ、購入品は中古でございます。新品をブティック ...

続きを見る

そのまま別室に連れていかれ、付属品を含め6694をだす。購入時期を聞かれたくらいであとはバックヤードに持っていかれた。割とヒアリングや付属品等の確認はなかった。外観がキレイなことは好印象だったようだ。そして使用していないことや1500を購入してしまったこと、自分からブレスのコマがない旨も伝えた。特段とマイナス要因を指摘されることなく、さっぱりしている印象だった。

男性スタッフ「おいくら希望ですか?」

私「(うお、ストレートにきいてくるな)購入時は40マンしなかったのでそれに近ければうれしいです(ほんとはクリスマス割引で348千円だったけど)」

男性スタッフ「なるほど。30万ちょうどとなりますね」

私「えっ、半分行った!わりといいやん)うーん、下取り希望なんですが、その場合は少し上乗せとかあるんですか?」

男性スタッフ「そうですね。下取りだと318,000円となりますね。今回の差額だと23万円です」

私「(おお、増えた!)そうですね。それならお願いします」

あまり駆け引きもしたくはなかったので、あっさり承諾をすることとした。

ちなみに査定額には満足している。前回別のショップで20万程度だった査定額が、30万を超えてきた。購入時との差し引き3万円はマイナスになるが、この差で済んだこと、レベルソの購入資金の半分以上を補えたことに満足している。どこをポイントとして査定額を出したか不明だが、ブツの提示から現金化までスムーズな買取となった。

所持して束縛されるか、手放して解放されるか?

6694は状態は確かに良かったと思う。手巻きオイスターなんて、将来値が上がるんじゃないかと思っている型番の一つだ。オイスタークオーツもかなりの爆アガリしていて、数年前まで中古30万くらいだったのがここ数年で90万くらいになっている。このまま6694も手巻きという希少価値が見いだされるかもしれないから所有していくことも考えたが、所詮使わないものを手元に置いておくのが性に合わなかった。

やはり査定額が高いと満足感は高い。手放してみて「使わなきゃ使わなきゃ」「持っていれば価値があがるかも」などというストレスがなくなった。手放すことも悪くはないなと思う。同じ状態の人がいたら思い切って手放すのもおススメかもしれない。


↑あまり使ってあげれなかった6694。寂しい思いも少しあるが、また新しいオーナーに渡って存分にかわいがってもらってくれ('ω')ノ

 

ブログ村参加しています。下記をクリックして応援していただけると嬉しいです。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。好きな腕時計を中心に「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。体型は173cm、65kg。左手手首周り約16cm。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/革モノ/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-腕時計で投資, 腕時計で語る
-,

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.