腕時計で語る 腕時計のイベント&雑記

【2021年抱負】活動計画!

あけましておめでとうございます!yanponです!今年も当ブログをよろしくお願いいたします!

コロナは本当に終焉なのか?!まだまだ続くのか?制限が徐々に緩和され、日常を取り戻してきた感があったのですが、新株の出現により国内外で不穏な空気、原材料の高騰に伴う価格の値上げ、そして腕時計界隈にも「買えない」という制限がさらに強くなり、その中で自身の趣味の在り方を模索する日々が続くことでしょう。ブログも腕時計だけではなく少し手を広げてみています。新しいカテゴリーが生まれるよう頑張る次第です(^^)

2021年の活動計画はどうだった?

とりあえず前年の復習です(^^)

①購入ターゲット!「ジャガールクルト レベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド」!

→買えませんでした!('Д')しかもガンガン値上がりし今年より80万円台突入で、もうダメかも・・・期待した90周年モデルも凄すぎてもはや私の中ではなかったことにしている。タイミング的にロレックスオイスターパーペチュアルデイトを購入したこともあり先延ばしになったままでした。

②腕時計は3本程度がベストでは?

→1本増えました。売却はゼロです!なにやってんだ?!('Д')

③私のライフスタイルで起こる出来事を腕時計と絡めて記事にできたらと思います。

→好きなブランドやアイテムを少しづつ紹介できましたが、腕時計と絡める記事は難しいですね"(-""-)"

ということで、2021年活動計画からチェックすると、なんだかダメダメでしたね('Д')自分の意志に反して値上げなんてものはどうにもできないからね。購入も売却も全てがタイミングを思い知らされました。

2022年活動計画!

そして2022年の活動計画は、

①メインターゲット!「ブランパン」「ヴァシュロンコンスタンタン」そして「ショパール」!

私の中で現在アツいブランドがまず「ブランパン」「ヴァシュロンコンスタンタン」です。ともにシブいブランドと思いますが、実力は一級品かつ最古を名乗る由緒あるブランドです。しかし私のような一般人がどこまで手が出せるかは非常に困難を極めます。価格帯は100万をかるく超えてきます。

「ブランパン」に関しては一部限定モデルのみ入手困難で、新品・中古とも手が出しやすい価格帯になっています(とはいえ100万前後も多数)。あえて言えばもともと数が少ないので別の意味で入手困難なモデルもありますが、人気自体まだは落ち着いているのでスポーツモデルも狙い目です。ブティックもしっかり接客対応してくれるので関係を作れることも良いポイントと思います。


↑高評価だった「フィフティファゾムス バチスカーフ 38㎜」(^^)

「ヴァシュロンコンスタンタン」は本当に雲上ブランドになってきました。数年前と比較するととにかく客も増えたと思います。ロレックスと違いある程度のランクの顧客が多いと思いますが、その中でスポーツモデルの人気にさらに拍車がかかりました。私所有の「オーヴァーシーズ1st」がなんだか寂しく見えます・・・とはいえ昨年オーバーホール時もしっかり対応して頂き、非常に満足できるブランドと思います。一発狙いで中古のドレスモデル購入!なんてことも考えております。


「ヒストリーク アメリカン」憧れの一つでまだまだ遠い道のりだ。

「ショパール」が気になっています。もちろんターゲットは人気の「アルパインイーグル」です。吸い込まれる文字盤は試着時からの虜です。41㎜サイズ径の大きさと煌びやかで少々仕事で着用しづらい点、価格160万ちょいが気になる点ですが、まだスポーツモデルの高騰に巻き込まれていない(巻き込まれつつある?)ので買い時は今かもしれません。宝飾系イメージが強いブランドですが腕時計の技術や歴史は確かです。


「アルパインイーグル ラージ41㎜」私はグレー派(^^)36㎜のグレーが出てほしい。

どれを選ぼうが金額との闘いになることは間違いない・・・

 

②新規開拓!新たなブランドへ挑戦!

今まで毛嫌いしていてブティックや中古店でもスルーしていたブランドにもアクションを起こしたいと考えています。代表的なところでは「パネライ」だ。もともとデカ厚腕時計だが、最近ダウンサイジングして幅を広げている感が強い。昔でも40㎜サイズはチラホラあったのだが、昨今38㎜径も出てきている。パネライの小型化には何気に興味を持っている。40㎜サイズなので仕事での着用を考えると真っ先に候補に挙がりづらいが一度も体感したことがないのでチャレンジしてみたい。大逆転購入があるかも?!


「ルミノール ドゥエ38㎜」レディースモノだが細腕の男性にもイケる(はず)!

 

③IWC「インヂュニア500,000A/m」オーバーホール!?

インヂュニア 500000A/m

悩んでいるのがのオーバーホールです。中古購入した「インヂュニア500,000A/m」の修理明細を確認すると2012年が最後です。購入が2016年で、その際は機械点検のみでオーバーホール歴は止まっており、約10年経ちます。精度が気になるところですが、ETAベースのムーブメントの精度が抜群で、不調の兆しなんて全くなし。汎用ムーブメントの凄さを思い知らされています。とはいえ時間的にもオーバーホール時期であること、ブティックと今後関係を作りたいことも踏まえ、今年に実行に移す形になるかもしれません。もちろん問題点は「オーバーホール費用」と「オサカナリューズの交換の可能性」です。詳細は語る時が来たら記事にしたいと思います。

やっぱり腕時計は最高のお供!

腕時計趣味は売り買いの魅力ももちろんですが、仕事や遊びに連れていけるところがよいところです。やることや行先などで様々な思い出を共有できます。うんちくや業界のデータは敢えて詳しく語るブログではありませんが、売り買いを含め、腕時計を着けた自分のライフスタイルの気づきをこれからも記事にしていきたいと思います。2021年の計画はダメダメでしたがブログは続けてこれました!それが最大の成果です。

今年も当ブログをよろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。好きな腕時計を中心に「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。体型は173cm、65kg。左手手首周り約16cm。偏愛アイテムやアラフィフの生態(ライフスタイル)も紹介します(^O^)一児のパパ。 *腕時計/革モノ/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-腕時計で語る, 腕時計のイベント&雑記
-,

© 2022 腕時計で趣味を持ち歩く Powered by AFFINGER5