腕時計レビュー ゼニス

【購入日記】ゼニス「レインボーフライバック」 エル・プリメロ搭載!ポストヴィンテージの代表作!

更新日:

買わないって決めたのに売ったのに。売ったのだから買ってしまった。言い訳は何とでも。こんな時にタイミング良く出てくるもんだ。世の中は感染症で混乱を極める中、わざわざ腕時計なんぞ買う必要があるのか?でもそこにそれしかないともう頭の中がそれだけになる。3日悩んだが、その間に売れてくれなかったので私が買った。ただそれだけ・・・のはず・・

私の愛したエル・プリメロ搭載機

以前にも私の腕時計に興味をもったきっかけを記事に書いたことがあった。内容は就職して同期の仲間に腕時計に詳しいヤツがいて、そいつからいろんな高級時計秘話?を聞いた。今となってはほとんど忘れたが、「エル・プリメロ」という言葉の響きはいつまでも頭に残っている。「エル・プリメロ」がなんなのかは当時の自分は理解していなかったと思う。しかし初めての高級腕時計を購入したいという思いの中に、出会ったのがゼニスの「レインボーフライバック」である。そして「エル・プリメロ」搭載機である。90年台の感覚と新卒の若さゆえの感覚が混ざり合い、自分が最初に購入したいと思わせる腕時計がこれだった。しかし新卒の自分に金はなく、カシオのプロトレック(約5万円)を購入することになる流れだ。その後ロレックスを購入し、既に「レインボーフライバック」は忘れ去られていたと思われた。

唐突の出会いは2年前?!

今から2年前くらいかもしれない。突如ジャックロードさんのHPに30万円を切る価格でこの「レインボーフライバック」がでてきたことをすごく覚えている。過去の自分の思い、忘れていた感覚がよみがえってきたのである。しかし翌日には売り切れ。その時に30万円は自分にとってもだせる金額ではなかったと思う。非常に悔やまれる時だった。

ちなみに、ヤフオクなどでも「レインボーフライバック」は数こそ少ないが出品され続けていた。カラフルバージョンだけでなく、シックなブラック&ホワイトバージョンも出品されている。しかし、オークションでの個人取引に30万円前後のやりとりは不安が残る。ビビりな私が手を出すことはない・・・

全てのサイトを見ているわけではないが、近年になり本当に見ることがなくなった。それだけ個体数が少ないのだろう。またカラフルバージョンのベゼルの赤色が褪色した個体が多く、年代を考えれば普通なのだが、状態のよい個体が少なく思える。これがさらに購入を躊躇させていた。

その後しばらく大手中古ショップからこの個体をみることはほとんどなかった。

コロナ蔓延の中、事は起こった・・・

コロナウイルスで世界各国が封鎖状態になり始めたころ、HPにヤツが掲載された。

ゼニス「レインボーフライバック」 ¥298,000ー(税込)!どん!

私はビビった。久しぶりの再会である。まさかこんな時期にでてくるとは・・・私は考えた。

☆金額は30万。この間腕時計を売った金額がプールしてあるから手をだせない金額ではない。
☆状態は、ベゼルの褪色もなさそうだ。ブレスもヨレも少なそう。小傷程度はしょうがないが注意すべきコメントはない。
☆付属品は、保証書なし・BOXのみ。うーん保証書ないか・・どうする・・・
☆オーバーホールは、不明。掲載情報には記載がない。

電話で問い合わせてもよかったが、それ以前に即効売れてしまうと思った。自分の休みまであと3日ある。現物はやはり見たい。何度も通販でポチろうと思ったが、なんだかんだ憧れていた腕時計だが、実物をみたことがない。ためらった。

そして3日たった・・・

売れてなかった・・・

行くか・・・

コロナが人々を脅かしている・・・そんなときに電車に乗って中野まで行って腕時計買っている場合なのか・・・それとも今しかないのか・・・

・・・・・・

行ってしまった・・・

最大限の防御をして・・・

出会ったエル・プリメロ搭載機「レインボーフライバック」

電車は閑散とまではいかないが空いていた。しかし中野は混んでいた。生活している人が多いからだと思うが予想外だ。ブロードウェイはやはり客はまばらだ。いろいろ腕時計をみたいが、長期滞在は許されない。私はソッコーで掲載店舗のジャックロードさんへ。

案の定、客はほとんどいない。現物を発見!カラフルなベゼルが周りからかなり浮いている。40㎜サイズのクロノグラフは今となっては小ぶりに見える。早速スタッフに声をかけ試着だ!

さあ出会いを果たし、商談室で今か今かとブツを待つ。

スタッフ「お待たせしました」

キタ――(゚∀゚)――!!

早速舐めるようにブツを見る。そしてハメる。チープ感満載?!だがそれがイイ!!


↑このベゼルとダイヤルのカラフルモード。視認性を考慮してとのことだが、それはパイロットのことを考えて作ったので、私のような一般ピーポーが着けるとふざけている感満載です・・こうなるとこれが高級腕時計であるかどうか惑わされると思います。そこが狙いです。私はあまりブランドや金無垢で目立つような腕時計をしたくないのだが、自己主張はしたいめんどくさいタイプなので、この文字盤はサイコーです。そして高級感というよりスポーツ感があり、知らない人は全くしらないブランドである点も自分好みだ。そしてブレスがチープだ。ロレックスもこの時代はそうだが、ペラペラ感がまだ残る時代の物だ。ただ厚みがありフィット感はある程度得られそうだ。

さて購入前に答え合わせだが、
☆金額は30万。この間腕時計を売った金額がプールしてあるから手をだせない金額ではない。
 →金額はイケる(汗)。
☆状態は、ベゼルの褪色もなさそうだ。ブレスもヨレも少なそう。小傷程度はしょうがないが注意すべきコメントはない。
 →褪色は少ない。ブレスもヨレが少ない。外装は販売前に手入れをしていると思う状態なので良好だ。
☆付属品は、保証書なし・BOXのみ。うーん保証書ないか・・どうする・・・
 →説明書の冊子がついていた。クロノグラフの操作には助かる。やはり保証書なし。当時の純正BOXがチープでワロタ。
☆オーバーホールは、不明。掲載情報には記載がない。
 →オーバーホールなし。機械点検のみ。

実はオーバーホールがしていない点が一番引っかかった。今後、オーバーホールになるとクロノグラフは通常より費用がかかる。ゼニスは並行差別があり、正規店ではオーバーホールがすんなり引き受けてくれるか私には未知の世界だ(よって保証書のあるなしは今回は気にしなかった)。ただ次の出会いは難しいのは目に見えている。

「これください」('ω')ノ

私はこの言葉を使いすぎている・・・

ブレスの調整が難航したが、無事クレジット一括払いがさく裂し、家路へと急いだ。お持ち帰りした私の「過去」。今現実に手元にやってきました。当時憧れていた腕時計をする。私の思いが成就した時だった。

そう、私は過去のことでネチネチするタイプでもある・・

CHECK
【レビュー】ゼニス「レインボーフライバック」 カラフル文字盤と絶対的ムーブメントが織りなす異端児な個体。

20年の時を超えて、わが手首に装着されたゼニス「レインボーフライバック」! なんでしょう?このドヤ感がない感じ。カラフル文字盤とベゼルで派手であるのだが、現行の高級時腕時計と違うこの安心感。どちらかと ...

続きを見る

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yanpon

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/自転車/子育て/東京在住*

-腕時計レビュー, ゼニス

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.