腕時計で語る 腕時計のイベント&雑記

【腕時計の本】「ポストヴンテージライフ」読んでみた!

更新日:

2021年8月31日発売の「ポストヴィンテージライフ」(powerwatch編集部)を購入し読んでみました!本というより雑誌(ムック)ですね。ひさしぶりのこの年代特集で私の心は踊り狂いました。楽しみです。

人気個体を手軽に知れる良書!

ポストヴィンテージと呼ばれる、ヴィンテージアイテムとまではいかないが、70年~90年代発売の腕時計を総評して名付けている(powerwatch編集部が)。セミヴィンテージなんて呼ばれていることもある。腕時計としては各ブランドの乱戦期で、シンプルな形が多かった60年代以前のモノより、よりバリエーションが増大し、実験的かつ挑戦的な個体が出てきた時代で眺めるだけでも面白い。

個人的には特に90年代後半からは大学~就職で腕時計の面白さを友人から学んだ時期で、その時代が自分にとっては一番思い入れがある。当たり前だが中古しか市場にはないが、その市場をいまだ興味深くさせているのはこの年代モノだと一人確信している。

話を戻すと、powerwatchという雑誌を毎月読んでいれば、1~2ページ程度連載が組まれているので、毎月熟読している方には使いまわし感が若干否めないと思う(ベスト盤と思って購入した方がイイかも)。中古の実勢価格の記載もあるが少し??と相場と離れているんじゃない?という記載もあるので鵜呑みにはしないようにしよう。

さて、やはり目を引くのは時代背景云々よりもそれぞれのブランドの個体だろう。私がぐっときたヤツを上げておく。

☆IWC マークⅫ イエローゴールド

↑マークⅫは以前所有していたがゴールドは初めて見た。以前は全く興味がなかったゴールドだが、歳をとった今は俄然物欲がわく!(^^)!

☆ブランパン ニュークラシック
(^^♪
↑レトロな趣でこちらも以前は文字盤をカッコイイなんて全く思わなかったが、ドレス系で他とかぶらない不思議な雰囲気に惹かれてしまう(^^♪

渋い選択だが、今の好みがバリバリスポーツタイプよりドレッシーかつオールマイティーな雰囲気の個体に傾いているからだろう。過去はブレゲのアエロナバルやブライトリングのコスモノートなんかも以前購入候補に挙がってたくらいだが今となっては重い腰が上がらない・・・


↑やっぱりゼニスのレインボーフライバックだね!当時の憧れを中古とはいえゲットした時の喜びはありません(*^-^*)

CHECK
【購入日記】ゼニス「レインボーフライバック」 エル・プリメロ搭載!ポストヴィンテージの代表作!

買わないって決めたのに売ったのに。売ったのだから買ってしまった。言い訳は何とでも。こんな時にタイミング良く出てくるもんだ。世の中は感染症で混乱を極める中、わざわざ腕時計なんぞ買う必要があるのか?でもそ ...

続きを見る

そしていくつか実際自分の所有個体が載っていると直に嬉しい。こういう時は手放せない気持ちになる。不思議なもんだ。

より多くの個体とブランド、時代背景にツッコミたいなら前作がおススメ!

実は本のタイトルこそ違えど、同じpowerwatch編集部より「1970~00傑作腕時計図鑑」が5年程前にでている。同じ流れをくむので写真も同じモノもありタブるところもあるが個人的にはこちらのほうが得るものが多くあり、素晴らしいと感じている。今回少な目だったロレックス、パネライなんかも多く載っていて本の在庫があればぜひゲットして眺めてほしい!

また私個人の勝手な解釈で良本がありましたらご紹介します。それではまた('ω')ノ

☆追記:さらに前の2011年発刊のポストヴィンテージ本を中古で購入しました!こっちのほうがさらにエグい内容かも(^^)2011年からみたこの時代のモノと2021年からみたこの時代のモノ、比較すると面白いかもですね!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yanpon

腕時計を中心に趣味を充実させたい1970年代生まれのオヤジ。「毎日の生活に趣味をもっと」がテーマ。ポストヴィンテージ世代の腕時計中心。偏愛アイテムも紹介します。一児のパパ。 *腕時計/アニメ/ネコ/コーヒー/革モノ/自転車/ベース/子育て/東京在住*

-腕時計で語る, 腕時計のイベント&雑記
-

Copyright© 腕時計で趣味を持ち歩く , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.